電話Hの歴史

芝生に寝転ぶ

テレフォンセックスをみなさんはご存知でしょうか?名前だけ聞いたことあるという方や、毎日やっちゃってます。といった方もいろいろいることでしょう。そんなテレフォンセックスはいつの時代から当たり前となっていったのでしょうか?
じつは1960年台からテレフォンセックスという文化が現れ始めました。ちょうど電話というものが世の中に出てきた頃といえますね。まだこのときにはそこまで有名なものではありませんでしたが、1970年台に入った頃に
部屋に一台電話をおくのが当たり前になってきたそのときこそ、欲求不満な人がテレフォンセックスを堂々とやれるようになったのです。さらに、1980年台からこのテレフォンセックスをさらに普及させるため、
テレクラというサービスが人気に火をつけるようになり、ちょうどこの時代から知らない異性とのテレフォンセックスをテレクラを通して日本中の欲求不満な男女が利用するようになってきたようです。
そして長く人気を獲得してきたテレフォンセックスですが、何年も経つに連れてさまざまなアダルトサービスが普及し、徐々に言葉を聞かなくなってきたことはおわかりかと思います。
しかし、最近ではテレフォンセックスを再度盛り上げるために、カメラ機能を使ったライブチャットなどの形態に形を変えて、また欲求不満な男女を虜にさせはじめています。
もしかすると、もう利用したことがある男女もいるのではないでしょうか?今でいうライブチャットこそが、昔のテレフォンセックスと同じものです。